忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区神田駿河台1-8 (杏雲堂病院)

 佐々木東洋(1839~1918)
天保10年(1839)、江戸本所四つ目生まれ。
佐藤泰然の佐倉順天堂塾を経て長崎へ留学し、ポンペからオランダ医学を学ぶ。
東京に戻り、明治4年(1871)に大学東校医長に就任。
博愛舎、東京府立病院を経て、明治7年(1874)、36歳で大学東校病院長に就任。
辞任後、政府の脚気病院で洋方医部門を担当したが、明治15年(1882)に42歳で神田駿河台に杏雲堂医院設立。
東京府医師会本部幹事、西南戦争に軍医として参加。
明治29年(1896)、57歳で引退し佐々木政吉杏雲堂医院長に就任。
大正7年(1918)、80歳で没。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性