忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区神田駿河台1-8 (杏雲堂病院)

 佐々木政吉(1855~1939)
安政2年(1855)、江戸生まれ。
大学東校を卒業後、明治13年(1880)から5年間ドイツ遊学し、帰朝後、日本人として最初の東京帝国大学医科大学教授に就任。
明治21年(1888)、本邦医学博士第2号として医学博士授与。
明治24年(1891)、官命によりロベルト・コッホのベルクリン療法調査研究のためドイツへ出張。
明治27年(1894)、佐々木研究所の母体となる研究室を自邸敷地に新築。
明治29年(1896)、佐々木東洋の後を受け杏雲堂医院院長に就任、平塚市に結核療養所を設立。
大正5年(1916)、顧問に就任。大正13年(1924)、古希をもって引退。
昭和14年(1939)、85歳で没。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性