忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区神田駿河台2-2 (御茶ノ水杏雲ビル) 

 佐々木隆興(1878~1966)
明治11年(1878)、東京本所生まれ。養祖父は杏雲堂病院創立者である佐々木東洋、養父は2代目院長の佐々木政吉。
東京帝国大学医学部卒。ドイツに5年間留学し、化学、生理化学、細菌学、血清学などを学ぶ。
帰国後、京都帝国大学医学部内科教授を努め、大正5年(1916)、杏雲堂医院院長に就任。
昭和14年(1939)、私財を投じて佐々木研究所を創設し、理事長兼所長に就く。
癌研究会癌研究所長、結核予防会結核研究所長、帝国学士院会員、日本内科学会会頭、国際癌会議(東京)名誉会長などを歴任。
大正13年(1924)、『蛋白質およびこれを構成するアミノ酸の細菌による分解とアミノ酸の合成に関する研究』により帝国学士院恩賜賞を受賞。
昭和11年(1936)、『アゾ色素の経口投与によるラット肝癌の発生』により吉田富三と共に2度めの帝国学士院恩賜賞を受賞。
昭和15年(1940)、文化勲章受賞。
昭和26年(1951)、文化功労者に選ばれる。
昭和41年(1966)、88歳で没。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性