忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 千代田区皇居外苑1

 楠正成像 Statue of kusunoki Masashige

祖先友信開伊豫別子山銅子孫業二百亡兄友忠深感國恩欲用其銅鋳造楠公正成像未果継其志工事及功竣謹

 明治三十年一月 従五位臣住友吉左衛門謹識 

PR

所在地 千代田区皇居外苑1

  旧江戸城 外桜田門
 現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷と呼んでたことに由来します。
 外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造からなり、外桝形という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(1624~1644)とされ、現存する門は、寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。
 万延元年(1860)3月3日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

    Sotosakrada-mon Gate of Edo Castle
Currently called Sakurada-mon,this gate is officially named Sotosakurada-mon,soto meaning "outer" as opposed  to the "Uxhisakurada-mon" or "innee" Gate (Kikyo Gate) near the citadel.These gates were named Sakurada-mon becouse the area was called Sakurada-go (town) in the past.
The Sotosakurada-mon Gate has a cual structure consisting of the Korai Gate on the outside and the Watariyagura Gate on  the inside with a square in-between.It covers an exceptionally large area (apprx,1,056㎡) as a highly defensive castle gate for the Nishinomaru(west compound).The Sotosakurada-mon Gate was originally built in the Kanei era (1624 to 1644),while the existng gate is based on a gate reconstructed in 1663.The gate was damaged by the Great Knto Earthquake in 1923 and repaired it.
On March 3,1860,the Japanese Chief Minister Tairo li Naosuke was assassinated by a group of samurai who seceded the Mito-han feudal state outside of the Sotosakurada-mon Gate in an event known as the Sakuradamon Incident.







所在地 千代田区皇居外苑3 (和田倉噴水公園)

大噴水建設記念碑


< 建設委員会 >

     会長   吉田茂
     副会長  水野成夫
     副会長  小山龍三
     理事長  友田信
     理事   澤村義夫
     理事   鹿内信隆
     理事   鈴木宇市
     監事   弘中伝二
     監事   田中富彌

     委員

安倍能成  安藤豊禄  浅尾新甫  天野貞祐
市川猿之助  一万田尚登  稲垣平太郎  石坂泰三
植村甲午郎  小田原大造  小島新一  大濱信泉
太田垣士郎  岡崎真一  加藤五郎  金子鋭
神部満之助  茅誠司  川端康成  河上丈太郎
河田重  倉田主税  小池厚之助  小泉信三
小林中  小林米三  佐々部晩穂  佐藤篤二郎
坂西志保  櫻田武  澁澤敬三  菅禮之助
杉道助  鈴木清秀  田村剛  竹田恒徳
辰野隆  中野種一郎  永野重雄  丹羽文雄
廣瀬一  本田弘敏  前田久吉  松原與三松
武者小路實篤  矢野一郎  吉川英治  渡邊武次郎



     協賛

産経新聞社
中部日本新聞社  ニッポン放送
西日本新聞社  関西テレビ放送
大阪新聞社  ラジオ大阪
フジテレビ  東京タワー
文化放送


     大口寄付者 団体並びに会社

日本石炭協会  日本鉱業協会  日本瓦斯協会
電気事業連合会  石油連盟  日本鉄鋼連盟
日本産業機械工業界  日本電機工業界  自動車工業界
日本造船工業会  日本硫安工業協会  東京医薬品工業協会
セメント協会  日本紡績協会  日本化学繊維協会
日本ゴム工業界  日本精糖工業会  酒協会
紙パルプ連合会  日本映画製作者連盟  私鉄経営者協会
都市銀行十五行  全国地方銀行協会  信託協会
生命保険協会  日本損害保険協会  日本貿易会
日本百貨店協会  電力建設協力会  土木工業協会
東京瓦斯株式会社  大阪瓦斯株式会社  北海道電力株式会社
東北電力株式会社  東京電力株式会社  中部電力株式会社
北陸電力株式会社  関西電力株式会社  中国電力株式会社
四国電力株式会社  九州電力株式会社  八幡製鉄株式会社
富士製鉄株式会社  日本鋼管株式会社  川崎製鉄株式会社
住友金属工業株式会社  株式会社神戸製鋼所  
日新製鋼株式会社  久保田鉄工株式会社  
株式会社日立製作所  東京芝浦電気株式会社
松下電器産業株式会社  三菱電機株式会社
富士電機製造株式会社  富士通信機製造株式会社
日立造船株式会社  東京証券取引所  山一証券株式会社
野村証券株式会社  日興証券株式会社  大和証券株式会社
三菱地所株式会社  日清製粉株式会社  株式会社間組
株式会社パレスホテル  船橋ヘルスセンター  産経新聞社
中部日本新聞社  西日本新聞社  大阪新聞社
フジテレビ  文化放送  ニッポン放送  文化放送
ニッポン放送  関西テレビ放送  東京タワー


     個人

吉田茂  池田勇人  神部満之助  川村正人
村山正治  伊達園江  今井小静  朝潮太郎


昭和三十六年四月十日刻之 霞畦書


所在地 千代田区皇居外苑3

  和田倉噴水公園

 近代的な技術と伝統的な美観が融合した和田倉噴水施設は、昭和36年(1961)の建設以来、国民皇居外苑の主要施設として広く国民に親しまれてきました、このたび「継続性と新たな発展」を主題に、和田倉地区が水と緑で構成された表情豊かで風格のある空間として今後も末永く国民に親しまれるよう、新たな整備を行ないました。



 この整備にあたっては「皇居外苑和田倉噴水施設整備に関する懇談会」の提言をもとに、これまでの噴水施設は原形を活かしつつ新たな息吹をもって再生し、装いを一新した噴水とともに、躍動感あふれる滝や、静かに流れるせせらぎなどを新たに加えることにより、周辺の緑とあいまって、「継続性と新たな発展」を象徴する変化に富んだ水と緑の風景を創出しています。



 なお、先の噴水施設が財団法人「皇太子御結婚記念大噴水建設委員会」により建設、国に寄付された経緯を踏まえ、今回の整備にあたっても、財団法人「皇太子殿下御結婚祈念噴水公園建設委員会」が設立され、幅広い国民の協力を得て実施しました。
                   
          環境庁
          平成7年(1995)6月竣工


所在地 千代田区皇居外苑3 (和田倉噴水公園)

   和田倉橋

 この橋を和倉橋といいます。ここには、かつて江戸城の守衛のために築かれた内郭門の一つ和田倉門がありました。橋を渡った皇居外苑側には枡形石垣があり、橋と一体で門を構成していました。



 慶長7年(1602)頃といわれる「別本慶長江戸図」には橋が描かれ、「蔵の御門と云、士衆通行の橋」と記述があります。また、「御府内備考」には、橋の由来が「慶長12年(1607)の頃の図に、ここに和田蔵と称せし大なる御蔵二棟を図せり。是御門の名の起る処なり。(後略)」と記され、蔵があったため門が名付けられたとしています。なお、徳川家康が江戸に入った時、この辺は和田倉という村落であったという説もあります。



 和田倉門には、鉄砲十挺・弓五張・長柄槍十筋・持筒二挺・持弓一組が常備されています。警備は、譜代大名で二万石から三万石の者が担当していました。
 この橋は、昔そのままに復興されたものですが、江戸城の門と橋を偲ぶのにふさわしい警官をみせています。

  平成16年(2004)12月 千代田区教育委員会


所在地 千代田区外苑3 (和田倉噴水公園)

この噴水は 皇太子殿下明仁親王の御結婚を記念し 全國民の慶祝の熱意によって建設された われわれは この現代造形美の結晶を 平和日本の象徴として 永く後世に遺さんとするものである

 昭和三十六年四月十日

 財団法人 皇太子御結婚記念 大噴水建設委員会



所在地 千代田区皇居外苑3 (和田倉噴水公園)

  御製

いにしへの
 人も守り来し
  日の本の
 森の栄えを
  共に願はむ

      
金子鴎亭 謹書


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性