忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 千代田区麹町6丁目~新宿区

     (橋下 JR中央線)

 四谷見附は、山口藩毛利秀就が普請を命じられ、寛永16年(1639)完成した。城門は現在のJR四ツ谷駅麹町口付近にあったが、明治5年(1872)に撤去され、現在は石垣がのこるだけである。

 当時の四谷見附は、現在の新宿区設四谷小売市場前の橋(当時は土橋)から城門を経て出入りする構造で、現在の四谷見附橋は無かった。従って、新宿方面からの甲州街道は、外堀に突き当たり左折し、すぐ右折して土橋を渡って江戸城郭に入る。

 明治以降、このような喰い違い構造が交通に障害となったため、明治44年(1911)四谷見附橋建設が着工され、大正2年(1913)に完成した。現在の橋は、平成3年(1991)に架け替えたものである。

 

 
PR

所在地 千代田区麹町6-4-2

浄土宗 
 常栄山 心法寺

 常栄山心法寺は、浄土宗の寺院で、現在の千代田区内では墓域を有する唯一の寺院です。もともと心法寺は、推古天皇頃三河国に開かれた寺院で当時の寺号は「秦宝寺」とされていたといわれています。その後、慶長2年(1597)江戸麹町の地に二千余坪の寺地を受けて改めて心法寺を起立しました。

 この心法寺に伝えられる本尊「木造阿弥陀如来坐像」は、像高109.0cm(三尺五寸九分)、ヒノキ材寄木造りで漆箔を施し、おおむね12世紀最末から13世紀第14世紀頃までの製作と考えることができます。すなわち本像の像容・面貌は平安時代後期、11世紀に仏師定朝が完成した定朝式に基本的にしたがうもので、寄木造りの手法にも、その時期の特色をしめしていますが、胸腹部など厚く量感をもった体躯などには、鎌倉時代初頭に成立した新様式の影響がうかがわれます。この点からすれば、本像は鎌倉時代にはいってからの製作と考えるのが自然でしょう。ただし後頭部、左腕の一部と右腕の全部など補修部分が多く、製作当初の像容をかなり損ねており、従って製作年代の確定を困難にしている点も否めません。しかし平安時代後期彫刻の面影をのこす鎌倉時代初期の、等身大をうわまわる大きさの像が都心の寺院に遺存することは、貴重な事例です。

 心法寺には、「紙本着色 仏涅槃図」も伝わっています。本件は、娑羅双樹の下で釈迦が入滅する姿を描いた仏画です。中央の釈迦には箔が貼られ、肉身は黒、衣服の線は朱筆で入れられています。画面は、縦182.7cm、横158.4cm。本図の画面上部の構成は、仏画の典型に従っており、類型的に描かれています。これに対し、画面最下段の部分には、多くの鳥獣が凝縮して描かれています。これら動物は釈迦の入滅に際して泣き、嘆き悲しむ姿で描かれるのが普通ですが、本図ではほとんどの動物が嘆き悲しまず冷静な姿で、いわば写実的、博物学的に描かれています。そしてこのような博物学的な写生図の気運が高まるのは、一般に享保時代以降とされています。また図中には、「伯喬図」との落款があります。この伯喬については、『武江年表』元文元年(1736)8月の記事に「品川(北番場)大竜寺に、呉道子の筆南海補蛇山鎮海寺立石観世音像を写して碑を立つる(素人斎伯喬之を写す、加藤氏造立)」とあります。以上のことから本図は、享保・元文年間(1716~1741)頃に作製された作品であると思われます。
 境内には、『竹尾善筑(たけおぜんちく)の墓〔山縣大貳(やまがただいに)の孫で「三縁山志(さんえんざんし)」を著した〕』、『井沢弥惣兵衛為永(いざわやそべえためなが)の墓〔享保の頃土木水利に功のあった人〕』、『眞野是翁(まのぜおう)の墓〔故実家(こじつか)であって、甲冑(かっちゅう)の製作に精しかった〕』、『村垣淡路守範正(むらがきあわじのかみのりまさ)の墓〔遣米使節の副使〕』、『麹町区役所職員殉職碑』、『銅製梵鐘』、『水盤』、『庚申塔』、『下野皆川藩松平家墓所があります。

所在地 千代田区麹町6-4-2 (心法寺)

 千代田区指定有形民俗文化財 
平成14年(2002)4月指定

 この水盤は、銘文によれば、万延2年(1861)2月に檀家である稲垣氏が親族である清林院と浄池院の菩提を弔うため心法寺に寄進したものです、心法寺の稲垣家墓所には幕末~大正期にかけての墓碑が三基あります。うち一基には、清林院・浄池院の名がみえます。この墓碑は破損が甚だしい状態ですが、右側面には次のような銘文が確認できます。

   清  安政七庚申年三月廿九日

 永  代  祠  堂  金  貳  拾  五  両

   浄  萬延元庚申年八月十七日

   寶  明治二十六年七月廿六日

 この銘文から、安政7年(1860)3月29日没の「清林院」と、万延元年(1860)8月17日没の「浄池院」、二名の菩提を弔うために、万延2年(1861)2月に、稲垣家が心法寺に寄進したことがわかります。
 なお、水盤に関しては、銘文から判明することとは別に、次のような話も伝わっています。
 稲垣氏は番町に居住した武家で幕末の騒乱期に三河国に疎開し、曾祖父にあたる人物が無事疎開できた感謝から、三河国の石を用いて製作して心法寺に寄進したということが、稲垣氏のご子孫に伝えられています。
 心法寺住職在誉上人が、万延2年(1861)京都からの帰途に旧地である三河国(幡豆郡宮崎庄、あるいは額田郡宮崎)にたちよって、「開山歴代の花崗石八角の墓碑」と、「稲垣氏より寄進の大浄水盤」を造らしめた、との記述が昭和5年(1930)刊行の『心法寺雑話』(中谷在禅著)には見えます。
 水盤は、『心法寺雑話』の口絵写真によると、昭和5年(1930)段階では参道から本堂にむかって左側にありました。
 この水盤は、区内に現存する近世以前からの由緒を持つ唯一の寺院である心法寺の江戸時代末期の信仰と暮らしを物語っています。
  平成15年(2003)3月 千代田区教育委員会

所在地 千代田区麹町6-4-2 (心法寺)

 千代田区指定有形文化財(工芸品)

             平成10年(1998)4月指定

 この梵鐘は銘文にある通り延宝4年(1676)に鋳造されました。『新撰東京名所図会』によれば、心法寺開山の然翁上人が慶長2年(1597)の起立当時、三河国の秦宝寺から本尊・堂宇などとともに梵鐘を持ち込み、しばらく心法寺で使用したが、この梵鐘が破損した為、5世寂誉上人が改めて鋳造し直すこととし、延宝4年(1676)中、自坊において鋳造した、とされたいます。
 本銅製梵鐘は、通高164.0cm、駒の爪の下端の周が269.5cm、口径85.8cmになり、竜頭は高31.0cm、髪、角、耳ともに大きく、頭髪から連なるように中央に火焔宝珠を据えています。乳については、直径3.8cm、高1.6cmの二段盛り茸形で、4面ある乳の間に5列×5行で各25個、さらに4ヶ所ある縦帯の上部に各2個づつ、合計108個を鐘面に施しています。全体的に、江戸時代の梵鐘としては大きな部類の梵鐘であり、形姿の点では比較的長身・細身の形であるといえます。
 鐘名にある「冶工」椎名伊豫藤原吉寛は、神田鍋町に居住した御鋳物師で、神田鍋町に、かなり大きな工房を構えていたものとされています。椎名伊豫藤原吉寛(あるいは良寛)は、延宝年間(1673~1681)から元禄年間(1688~1704)ころに活動し、江戸の鋳物師として比類無いほどの作品例を残しました。彼の作品で、千代田区周辺に現存している銅製梵鐘としては、

増上寺   港区 延宝元年(1673)

三宝寺   練馬区 延宝3年(1675)

寛永寺   台東区 延宝9年(1681)

西迎寺   新宿区 貞享3年(1686)

宝憧院   大田区 延宝9年(1681)

長明寺   台東区 天和2年(1682)

天真寺   港区 貞享4年(1687)

東海寺   品川区 元禄5年(1692)

などが挙げられます。
 ほかに鐘名についていえば、実に多くの人名が線刻されているのが目につきます。これらはこの梵鐘を鋳造するに際して喜捨をなした人々であると思われます。これらの人名の中には、①姓の有るもの、②姓の無いもの、③女性のもの、④法名などが混在し、また人名のほかにも「当町念仏講中」、「八丁目念仏講中廿人」、「念仏講中」などともあり、様々な人々がこの梵鐘の鋳造に関わったことを伝えてくれます。なお池の間には、「武州豊島郡江戸市谷之荘山野手常栄山天性院心法寺」との銘文もあり、これは「山の手」という地名の比較的早い使用例として、東京の地名を知る上でも資料的価値が高いといえます。
 この「銅製梵鐘」は、区内に伝来し現存する数少ない江戸時代の工芸品の一つであり、また江戸時代の梵鐘としては優れた作例で、さらにはかつての千代田区域に居住した鋳物師の作品であるなど、千代田区の歴史を考える上で欠くことのできない貴重な資料です。
  平成11年(1999)3月 千代田区教育委員会

所在地 千代田区麹町4-1-1 (麹町ダイヤモンドビル横)

御祭神  倉稲魂命(京都伏見稲荷と同祭神)

 創建は元文年間(1736~1741)、遠藤三右衛門氏の建立に係ると伝えられる。旧称は、遠藤稲荷又は垣見稲荷、古くから遠藤家が、また明治以降は垣見家でお守りしてきたところからこの名がある。

 明治22年(1889)、麹町銀行(後に三菱銀行)設立のため、垣見家よりお社を含む敷地が提供され、爾来銀行でお守りすることとなった。大正12年(1923)、震災後再建の際、町内安全、商売繁昌を祈って豊栄稲荷大明神と改称。昭和20年(1945)5月、戦災により焼失。昭和24年(1949)2月、有志の寄付により再建。昭和44年(1969)7月、三菱銀行店舗新築に伴い新社殿落成。昭和56年(1981)12月、有志の寄付により社殿等改修。平成16年(2004)3月、麹町ダイヤモンドビル新築に伴い新社殿等落成。

  平成16年3月吉日 



所在地 千代田区麹町1-12 (ふくおか会館)

 海獄楼跡かいごくろうあと

 幕末の鴻儒安井息軒こうじゅやすいそっけんは、慶応元年(1865)ここに居を定め、西に富嶽を望み、東に金杉の海の見える所から、海獄楼と称した。
 
 明治元年(1868)2月類焼した。

  平成5年(1993)3月 千代田区教育委員会


所在地 千代田区麹町1-2 (千鳥ヶ淵公園)

昭和45年(1970)10月吉日
  麹町高等小学校 同窓会建立

   佐口安治 筆



< 校 歌 >昭和六十二年参月 増田先生 他 同窓会之建


ここは日本の東京市

 帝国一の大都会

我君まします皇城の

 み垣をめぐる麹町

区名をいただく小学校

 我らはここに学ぶなり
   


                                麹町高等小学校 校舎全景


所在地 千代田区麹町1-2 (千鳥ヶ淵公園)

 新聞紙は現代人の生活必須の容器である。我国の新聞事業が日本の進運福祉に貢献したるもの極めて多大である。仍て我国の新聞事業先覚者20名を顕彰し、茲に自由の群像を建立す。其の銓衡は現在業界の代表的人士の衆議に諮り公正審重である。
 是れ株式会社電通が創立55周年に際会し。斯界に盡さんとする微意の一である。

   西暦1955年(昭和30年11月3日)
            蘇峰徳富猪一郎 撰
            緒方竹虎 書



柳河春三     中外新聞社社長       1832~1870
成嶋柳北     朝野新聞社社長       1837~1884
子安峻      讀賣新聞社社長       1836~1898
福沢諭吉     時事新報社創立者      1835~1901
岸田吟香     横浜新報もしほ草社主・東京日日新聞社主筆  1833~1905             
福地源一郎   東京日日新聞社社長     1841~1906
陸實        日本新聞社社長        1857~1907
征矢野半彌    福岡日日新聞社社長    1857~1912
上野理一     朝日新聞社社長       1848~1919
黒岩周六     萬朝報社社長         1862~1920
島田三郎     東京毎日新聞社社長    1852~1923
阿部宇之八    北海タイムス社理事     1861~1924
一力健治郎    河北新報社社長       1863~1929
三木善八     報知新聞社社主        1856~1931
矢野文雄     報知新聞社社長・大阪毎日新聞社副社長  1850~1931
本山彦一     大阪毎日新聞社社長    1853~1932
村山龍平     朝日新聞社社長       1850~1933
岩永裕吉     同盟通信社社長       1883~1939
大島宇吉     新愛知新聞社社長      1852~1940
光永星郎     日本電報通信社社長    1866~1945
                1955年 新聞人顕彰選考委員会選

奥村信太郎   毎日新聞社社長        1875~1951
進藤信義     神戸新聞社社長       1878~1951
簗田金久次郎  中外商業新報社社長     1875~1954
緒方竹虎     朝日新聞社副社長      1888~1956
馬場恒吾     読売新聞社社長        1875~1956
徳富猪一郎    国民新聞社社長       1863~1957
                1960年 新聞人顕彰選考委員会選

藤田茂吉     報知新聞社主幹        1852~1892
箕浦勝人     報知新聞社社長        1854~1929
安藤和風     秋田魁新報社社長      1866~1936
菊竹淳      西日本新聞社副社長兼主筆 1880~1936
下村宏      朝日新聞社副社長       1875~1957
伊達源一郎   島根新聞社社長         1874~1961
板倉卓造     時事新報社社長        1879~1936
野村秀雄     朝日新聞社代表取締役・熊本日日新聞社社長  1888~1964
阿部真之助   毎日新聞社取締役主筆     1884~1964
                 1966年 新聞人顕彰選考委員会選

古野伊之助   同盟通信社社長        1891~1966
城戸元亮     大阪毎日新聞社会長     1881~1966
阿部暢太郎   西日本新聞社社長       1884~1966
高石真五郎   毎日新聞社社長        1878~1967
与良ヱ      中部日本新聞社社長・東京新聞社社長  1908~1968
正力松太郎   読売新聞社社主        1885~1969
上野精一    朝日新聞社社主         1882~1970     
一力次郎    河北新報社社主         1893~1970
                 1971年 新聞人顕彰選考委員会選

小汀利得     日本経済新聞社社長      1889~1972
田中寛次     神戸新聞社社長         1900~1972
美土路昌一   朝日新聞社社長         1886~1973
松方三郎     社団法人共同通信社専務理事  1899~1973
萬直次      日本経済新聞社社長       1902~1973
御手洗辰雄   東京新聞社論説委員長      1895~1975
                    1976年 新聞人顕彰選考委員会選

村山長挙     朝日新聞社社主・社長        1894~1977
人見誠治     秋田魁新報社会長         1898~1978
長谷川才次    時事通信社代表取締役     1903~1978
伊豆富人     熊本日日新聞社社長        1888~1978
岡村二一     東京タイムズ社社長        1901~1978
高橋雄豺     読売新聞社副社長        1889~1979
高田元三郎    毎日新聞社代表取締役     1894~1979
本田親男     毎日新聞社社長        1899~1970
上田常隆     毎日新聞社社長        1900~1980
                    1981年 新聞人顕彰選考委員会選

石井光次郎    社団法人全日本広告連盟会長・朝日新聞社代表取締役専務 
                                 1889~1981   
大軒順三     日本経済新聞社社長        1911~1982
栗山利男     読売新聞大阪本社社長        1909~1982
畠中季隆     南日本新聞社社長          1903~1982
原為雄       毎日新聞社代表取締役専務    1900~1983
宮下與吉     北国新聞社社長            1896~1984
三浦秀文     中日新聞社社長            1907~1985
大島一郎     中日新聞社社主            1903~1985
田中香苗     毎日新聞社社長            1904~1985
                    1986年 新聞人顕彰選考委員会選

前田久吉     産業経済新聞社社長         1893~1986
平岡敏男     毎日新聞社社長            1909~1986
福島慎太郎   社団法人共同通信社社長・ジャパンタイムズ社長  1907~1987
山内大介     毎日新聞社社長            1925~1987
松本重治     同盟通信社常務理事・国際文化会館理事等  1899~1989
原四郎      読売新聞社副社長・日本記者クラブ理事長   1908~1989
千葉雄次郎   朝日新聞社顧問・東京大学新聞研究所所長   1898~1990
                    1991年 新聞人顕彰選考委員会選

白石古京     京都新聞社社主・社長         1898~1991
務臺光雄     読売新聞社社長             1896~1991
石原俊輝     信濃毎日新聞社社長          1913~1993
渡辺喜久雄    北海道新聞社社長           1921~1993
円城寺次郎    日本経済新聞社社長          1907~1994
加藤巳一郎    中日新聞社社長             1917~1995
                    1996年 新聞人顕彰選考委員会選

稲葉秀三     産業経済新聞社社長           1907~1996
大石益光     静岡新聞社社長              1926~1997
山本朗      中国新聞社会長              1919~1998
森田康      日本経済新聞社社長           1924~1998
松下宗之     朝日新聞社社長              1933~1999
西村二郎     新潟日報社会長              1903~1999
小林與三次   読売新聞社名誉会長            1913~1999
                    2001年 新聞人顕彰選考委員会選

福田利光     西日本新聞社会長             1912~2001
広岡知男     朝日新聞社会長               1907~2002
坂上守男     京都新聞社社長               1925~2004
新井明      日本経済新聞社社長             1925~2004
渡邉孟次     社団法人共同通信社社長         1913~2005
                    2006年 新聞人顕彰選考委員会選



     建設者 株式会社電通 社長 吉田秀雄

     制作者 菊池一雄

     設計者 谷口吉郎

     鋳造者 伊藤忠雄


所在地 千代田区麹町1-2 (千鳥ヶ淵公園)

 対墨日本人移住百周年記念

メキシコ国民より日本国民へ贈呈

   1897 - 1997

    作者:セバスティアン

    作品名:「移住」

    製作年:1997年

    材質:スチールプレート

    寸法:420×420×240cm

    重量:1,000kg


所在地 千代田区麹町1-2 (千鳥ヶ淵公園)

第一東京市立中学校発祥之地

大正13年(1924)4月  成田千里校長のもと開校す

第一精神と智・徳・体 三位一体の新教育を行い

昭和3年(1928)1月  九段上の新校舎に移る

東京都立九段高等学校の原点なり

  昭和63年(1988)5月5日 菊友会


所在地 千代田区麹町3

 この坂を善国寺坂といいます。『新撰東京名所図会』には「善国寺坂、下二番町の間より善国寺谷に下る坂をいう。むかし此処の坂上に鎮護山善国寺にありしに因り名づく」鎮護山善国寺は標識の場所からみると、右斜め前の辺りにありましたが、寛政10年(1798)の火事により焼失して牛込神楽坂に移転しました。坂下のあたりは善国寺谷、また、鈴降(振)谷と呼ばれたといいます。

 平成16年(2004)3月 千代田区教育委員会


所在地 千代田区麹町1-5-4

御祭神 倉魂稲命(うかのみたまのみこと)

 麹町 太田姫稲荷神社 縁起

 当神社は、駿河台太田姫稲荷神社の分社と思われますが両社の伝説も共通のものがありますので左記に記します。
 伝説によれば、室町時代太田道灌の姫が当時大流行した天然痘を病み、薬石効なく一日一日と悪化の道をたどりつつあったとき、友人に「山城国一口の里にある稲荷神社に祈願しなさい。どんな重い天然痘でも忽ち平癒するから」と言われ、太田道灌は早速稲荷神社に参詣祈願、帰国すると姫の病は忽ち平癒した。江戸築城のとき太田道灌は崇敬、感謝の念で一口稲荷を伏見より勧請、江戸城内にお祀りした。時は長禄元年(1457年)のころであったと言われます。



 後、徳川家康・江戸入府、慶長11年(1606年)江戸城改築の際、城内にあった神社、仏閣を城外に移したが、太田姫稲荷神社も駿河台の淡路坂(一口坂=いもあらいざか)上に遷座され、その御変遷を経て現在の地に鎮座しております。



 一口坂は、「いもあらい坂」と言われており、九段の一口坂神田一口坂昌平橋(いもあらいばし)などがあります。いもあらい(一口)の意味は、当時天然痘を「いもがさ又はへも」とも呼ばれたので「天然痘を洗い流して直す」からきたものと解釈されています。
 現代は、病気平癒、商売繁盛の神として崇敬されております。
 平成6年(1994年)5月20日 祭祠再開20年を記念して建之
           麹町 太田姫稲荷神社


所在地 千代田区麹町 紀尾井町

 
この坂を清水谷坂といいます。元禄4年(1691)の地図をみると、麹町通りから直接下る坂のようにみえますが、それ以後の地図は現地形とほぼ合っているようです。別の名シダニ坂とも シタン坂ともいわれるようですが、いずれも『清水谷』が変化したものとされています。坂下を南北に走る道筋が清水谷で、そこで喰違見附へと登る紀尾井坂につながっています。
 平成13年(2001)3月建替 千代田区教育委員会



所在地 千代田区麹町6-4-2 (心法寺)

千代田区指定史跡
 下野皆川藩松平家墓所  
     平成19年(2007)4月1日指定

 この墓所は、皆川藩主松平(能見)家三代の墓所です。皆川藩松平家は、初代重則が大名に取り立てられ、当初は上総国百首(千葉県富津市)の地に拠点を置きました。のち下野国都賀郡皆川に居を移し、1万500石を領しました。しかし、三代重利が寛文5年(1665)に幼くして没したため断絶になりました。
 江戸時代初期の麹町・神田には寺院が多数所在しましたが、後期には四谷御門内の甲州道中沿いに、心法寺・常仙寺・栖岸院の三寺院が残るだけでした。関東大震災を期に、常仙寺・栖岸院が区外へ移転しましたので、区内で江戸時代初期に開かれ、かつ墓域を有する寺院は心法寺が唯一の存在です。「寛政重修諸家譜」によれば、心法寺には11家15系統の武家の墓所があるとされていますが、「下野皆川藩松平家墓所」は、その中で唯一の大名家墓所であること、寛永年間から寛文年間という江戸時代初期の墓標が残っていること、当初の姿は失われてしまっているものの「江戸名所図会」の挿絵にも描かれるなど江戸時代後期の姿をのしているという点で、貴重な存在です。
 平成21年(2008)3月 千代田区教育委員会


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性