忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区外神田2-19 (宮本公園)

 遠藤家旧店舗・住宅主屋は、江戸時代以来材木商を営んできた遠藤家(屋号「井政」)の店舗兼住宅として昭和2年(1927)に鎌倉河岸(現内神田1丁目)に建てられました。その後、昭和48年(1973)に都心の開発に伴う建替えの際、旧家屋の解体を惜しみ府中市へ移築されましたが、文化財指定に伴いここ宮本公園に移築されました。
 この建物は、戦前の店舗形式をよく伝えている点、江戸時代からの伝統的な建築技術を受け継いでいる点、また、材木問屋という職業柄、良材や銘木が建物全体に使用されている点などから、貴重な建築物といえます。文化財指定にあたり、できる限り鎌倉河岸に所在していた時期の姿に戻すこととし、本来あった土間を復元しています。
 また、1階6畳の茶の間は、茶室として改修されています。
 平成21年(2009)4月  千代田区教育委員会  



  Old Stone and Main House of the Endo Family(Single Building)
 The Endo family,who started a lumber business in the Edo period,built a comvined store(called Imasa) and main house in Kamakura-bashi(currently Uchi-Kanda 1-chome) in 1927.
 In 1973,as the downtown area was being developed,the old building was saved from destruction by being relocated to Fuchu City. However,follwing its designation as a cultural asset,the structure was mas moved yet again,this time to Miyamoto Park.
 The building is considered highly valuable because it typifies the structure of prewar stores,reflects construction techniques from the Edo period,and embodies the lumber trade in its use of high-quality materials and choice wood throughout.Being designated a cultural asset,the vuilding's doma(earthen floor) has been recreated in an effort to restore as much of the building's original appearance as possible. Furthermore,the six-mat chanomo(sitting room)on the first floor has been renobated as a tea ceremony room.
 April 2009  Chiyoda City Board of Education
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性