忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区神田鍛冶町1-3神田多町2-8

東京都指定文化財 史跡
 神田下水
        平成6年(1994)3月22日指定



 この道路の下には、東京都指定史跡である「神田下水」が埋設されています。この「神田下水」は、明治17年(1884)に、一般市民の衛生や都市環境を改善することを目的に、近代工学に基づいて建設された我が国初の近代下水道といわれています。
 現在の下水道管と異なりレンガで積まれ強固に築かれており、完成後100年以上を経過した今日でも、その機能を十分に果たしていることから、現存する重要な近代土木遺産として認められ、平成6年(1994)3月に東京都指定史跡に指定されたものです。



 江戸から明治に移り、海外との交流によりコレラがもたらされました。当時の神田地区は、人口稠密であったためとくに著しい被害に見舞われました。その惨状を前に、下水道整備の必要性を痛感した明治政府は、明治16年(1883)4月30日に、内務卿山田顕義の名により、東京府に対して上下水道の整備を促す「水道溝渠等改良ノ儀」を示達しました。
 これを受けて、内務省の土木技術者、石黒五十二が設計を担当し、当時の内務省土木寮の雇工師であった、オランダ人ヨハネス・デ・レーケの意見を求めて設計をまとめ上げたものです。そして、明治17年(1884)に神田区鍋町・鍛冶町以西、竜閑橋筋新川以北、(現在のJR神田駅周辺)を対象とした第一期工事が開始され、翌明治18年(1885)には第二期工事として、第一期工事区域の東側で工事が行われました。しかし、これ以降の工事は、主に財政上の理由により中止され、結果的にはレンガ積み管が約900メートル、陶管が約3,100メートル、計約4,000メートルの下水道管が建設されるに止まりました。史跡に指定された「神田下水」は、適切な維持管理のもとに現在まで残っているレンガ積み管の部分です。
 その後、多くの先人の努力により、平成7年(1995)3月には東京都区部の下水道普及率が概ね100パーセントとなりました。これからも、この先人たちの偉業を伝える歴史的土木施設である「神田下水」を良好に保存・管理してまいります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性