忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区隼町4 (最高裁判所)

 ここに、三河田原藩の上屋敷が、かつてありました。
 渡辺崋山は、名を定静、通称を登といいます。三河田原藩三宅家の藩士の息子として、寛政5年(1793)に上屋敷内の長屋で生まれました。文人画家として、また蘭学者としても著名な人物です。
 天保3年(1842)に年寄役末席となり海防掛を兼務して以来、小関三英や麹町に塾を開いていた高野長英らと蘭学研究を始め、尚歯会を結成しました。
 天保10年(1839)、いわゆる「蛮社の獄」により捕縛・投獄され、同天保10年(1839)12月に在所蟄居を命ぜられ田原に向かうまで、40年余りをこの地で過ごしました。
 昭和30年(1955)3月 千代田区教育委員会
 (平成22年〔2010〕1月補修)

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性