忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区大手町2-1-1 (大手町野村ビル)

東京都選定歴史的建造物
   丸ノ内野村ビル(旧日清生命館)

 昭和7年(1932)に日清清明保険株式会社の本社ビルとしてこの地に建てられた旧日清生命館は、昭和16年(1941)に同社が野村生命保険株式会社(現東京生命保険相互会社)と合併した際に、丸ノ内野村ビルチンクと改称されました。
 鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階、地上8階、塔屋1階の当時の建物は、2階外壁の大部分が彫刻付テラコッタ(装飾焼物)貼り、7階及び塔屋の彫刻部分もテラコッタ造りで、繊細な衣装が壁面全体を覆うネオルネッサンス風の壮麗な建築でした。
 古典主義を規範とした丹精で清楚なその姿は、ランドマークとして周辺の人々にも親しまれてきました。
 その外観の一部、時計塔、列柱、尖塔などのほか2階部分のレリーフや玄関の門構えが、旧ビルと同じデザインで忠実に復元され、東京の歴史的都市景観を後世に伝える「大手町野村ビル」として生まれ変わりました。
 東京都生活文化局 平成9年(1997)1月

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性