忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区千代田1-1 (皇居東御苑) 

 諏訪の茶屋は、江戸時代には吹上地区(現在御所等のある一帯)にありました。
 この建物は、明治45年(1912)に再建されたもので、明治期の茶室風の建物として優雅な外観をもっているため、皇居東御苑の整備に当たりここに移されました。

    Suwanochaya (The Suwa Tea-pabilion)
 The structure at the bottom of the garden was constructed in 1912 in the Fukiage Garden,as a Tea-pabilion of the Meiji era incorporating features of Japan's traditional architectural style.It was transferred here when the East Gardens of the imperial Palace were laid out.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性