忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[452] [454] [455] [456] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区千代田1-1 (皇居東御苑) 

 1945年(昭和20年)4月、戦災で消失した旧大手門渡櫓の屋根に飾られていた鯱です。頭部に「明暦三丁酉」と刻んであることから、明暦の大火(1657)で消失した後、再建された際に製作されたものと推定されます。今の大手門渡櫓は、1968年(昭和43年)に再建されたものです。


 明治初頭の大手門渡櫓 「鹿鳴館秘蔵写真帖」より(社団法人霞会館蔵)

            Watari-yagura-no-Shachi of the old Ote-mon gate
 The stylized dolphin used to be the roof finials of watari-yagura (a building for storage and defense) of the old Ote-mon gate which was damaged in World War Ⅱ,April,1945.The date carved on the head suggests that the fish was madeafter the g ate was destroyed in the conflagration of 1657.The present watari-yagura building of Ote-mon gate was reconstructed in 1968.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性