忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 千代田区内神田3-10-1 佐竹稲荷神社

 当佐竹稲荷神社は、此の地に江戸屋敷を構えた佐竹家(秋田20万石)が藩邸の鬼門除けのため、寛永12年(1635)邸内の一隅に稲荷の神を勧請、建立したのに始まり、其の後天和2年(1682)の大火により一面焼土となり藩邸は下谷に移ったが、稲荷神社は再建され、佐竹家の家紋「扇に日の丸」を社紋とし火伏の守護神として江戸市民の信仰を受けてきた。
 明治にいたり神社制度が確立される。無格社となり其の祭祀は神田明神の神職が兼務し、其の維持は地元有志に委ねられた。時移り大正12年(1923)の関東大震災に惜しくも灰燼に帰し、社有地は区画整理のため現在地に移され社殿の再建をみたが、昭和20年(1945)の空襲により再び焼失の厄にあった。戦後の混乱期をへて復興の曙光をみる。昭和26年(1951)に仮宮が造営され、昭和27年(1952)には宗教法人により登記され、昭和30年(1955)地元有志の奉賛により、総檜一間社霊造りの本殿が竣工し今日に至った。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性