忍者ブログ
東京都千代田区の歴史
[324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 千代田区六番町13-6(ASビル・朝日写真ニュース社)

   藤田嗣治(1886~1968)旧居跡
 藤田嗣治は、明治19年(1886)11月27日、東京牛込に生まれた。
 大正2年(1913)パリに渡り、やがてエコール・ド・パリの代表的な画家として活躍。日本人で初めて国際的な評価を得た洋画家であった。とくに彼の描く「乳白色の肌」は、他の追随を許さない独自の画風であった。
 昭和12年(1923)7月、この地にアトリエを新築。昭和19年(1944)に小淵村疎開するまで居住した。この頃に君代夫人と結婚し、新婚生活をこの地で過ごした。また軍部の依頼でこの時期から多くの戦争記録画を制作したが、戦後そのために糾弾される。昭和24年(1949)渡米した後フランスに渡り、再び日本へ戻ることはなかった。
 晩年はフランスに帰化し、レオナール・フジタとして昭和43年(1968)1月29日、チューリヒで死去した。享年81歳。
 120年目の生誕日に、ここ旧居跡地に記念碑を建立し、彼の画業を顕彰する。
 平成18年(2006)11月27日  六番町町会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性